週報コラム
No.111【2011年11月11日生まれ】新着!!

◆「私、2011年11月11日生まれなんです。No.111では私のことを書いてくださいね」とYちゃんに依頼されたのが数ヶ月前。後でお母様に確認したら、 「本当は12日生まれですが、本人は11日だと言い張っています」とのこ […]

続きを読む
聖書の説教
秋山善久師「聖餐と契約」(マタイ26:26-29)新着!!

※本日は仙台のぞみ教会と盛岡みなみ教会の合同礼拝(第11回)でした。主任牧師の秋山善久先生が仙台から来てくださり、説教と聖餐式のご奉仕をしてくださいました。また、礼拝後は「母の日 感謝の時」でした。

続きを読む
週報コラム
No.109【弁証論②:奇跡は起こったのか?】

◆“病気の癒やし”や“悪霊追放”など、聖書に書かれた“奇跡”は本当に起こったのでしょうか? 哲学者のヒュームは、① 「奇跡が起こった」 という誰かの証言と、② 「自然法則を超える奇跡など起こらない」 という私たちの経験を […]

続きを読む
聖書の説教
マルコ13:9-13「最後まで耐え忍ぶ人」(宣愛師)

・・・・・・イエス様は、「わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれます」と言いました。そして実際に、イエス様を信じる人々は、狭いエルサレムの中でも、広いローマ帝国の中でも、あらゆる社会から憎まれ、迫害を受けました。中には殺される人もいました。なぜ憎まれるのでしょうか? イエス様の教えに従う人々はなぜ、社会から憎まれてしまうのでしょうか?……キリスト教が社会から憎まれる最大の理由。それは、キリスト教が“差別の壁”を壊そうとするからです・・・・・・

続きを読む
週報コラム
No.108【弁証論①:神は存在するのか?】

◆「神様って本当にいるの?」「目に見えないのになんで信じられるの?」「神様が人間を創造したんじゃなくて、人間が神様を想像したんでしょ?」 ―――“キリスト教弁証論”が扱うテーマはたくさんありますが、やはり最初に扱うべき問 […]

続きを読む
聖書の説教
マルコ13:3-8「産みの苦しみの始まり」(宣愛師)

・・・・・・今日の説教でも、キリスト教に対する一つの批判を取り扱いたいと思っています。その批判というのは、「聖書には『世の終わりが来る』と書いてあるのに、世の終わりなんて来ないじゃないか」というものです。「世の終わりなんて来ないじゃないか!聖書には『世の終わりにキリストが再び来て、この世界を裁く』と書いてあるのに、聖書が書かれてから二千年近く経った今でも、世の終わりなんて全然来ないじゃないか!聖書もキリストも嘘つきじゃないか!」と。この批判に答えるためには、そもそも「世の終わり」とは何なのか、聖書には何と書かれているのか、ということを確認する必要があります・・・・・・

続きを読む
週報コラム
No.107【「考えないようにしてました」】

◆先日、クリスチャンの学生たちと聖書研究会をしていた時に、「イエス様が復活したって本当だと思う?」という質問を投げてみたら、「考えないようにしてました」という答えが返ってきました。「どうして考えないようにするの?」と続け […]

続きを読む
聖書の説教
ヨハネ4:27-30「来て、見てください」(まなか師)

・・・・・・教会で伝道師として働いていると、様々な方の悩みをお聞きする機会があります。皆さんも、牧師や伝道師でなくても、お友だちやお知り合いの悩みを聞くことがあると思います。「こんな大変なことがあったんです」「こんなひどい人がいたんです」というお話を聞いたりもします。そんなことがあったんですね、本当にお辛かったですね、と心から思います。できる限り、その方の思いに寄り添いたいと思わされます。ただ、多くの人は、「あの人が私にしたこと」「あの人のせいで私の人生に起こったこと」については話しても、「私がしたこと」についてはあまり話しません・・・・・・

続きを読む
週報コラム
No.106【二つのキーワード】

◆盛岡みなみ教会の日曜礼拝では、開会の賛美として『御前につどい』を歌ってきましたが、この4月からは『主が備えられた』という賛美歌を歌い始めました。こういう歌詞の曲です。 主が備えられた  真実の道を わが目に曇りなく  […]

続きを読む
聖書の説教
マルコ13:1-2「崩れ去る神殿」(宣愛師)

・・・・・・私たちはどうしても、崩れないもののほうが良いと思い込んでしまうでしょう。崩れないものを積み上げて、人生を確かなものにしていこう、と考えるものです。「人生のキャリアを積み上げる」という表現が使われることもあります。「お金をこつこつ積み立てましょう」と言われることもあるでしょう。勉強も、「こつこつ積み上げていかないとすぐに他の人に置いていかれる」などと言われて、私たちは焦ってしまうものです。……しかし神様は、「崩れたっていいじゃないか」と仰るんです。「崩れないようなものを作らなくていいじゃないか」と仰るんです・・・・・・

続きを読む