2024年2月

週報コラム
No.99【Yちゃん、総会資料に物申す】新着!!

◆「ノア先生、教会総会の資料について質問があります」と、 小学生のYちゃんから尋問。どうやら、〈牧会報告〉のために僕が書いた以下の文章について、訂正を求めたいとのこと。 ……〔2023年は〕子どもたちや青年たちとたくさん […]

続きを読む
聖書の説教
マルコ12:18-27「生きている者の神」(宣愛師)新着!!

・・・・・・聖書とは何でしょうか。聖書には何が書かれているのでしょうか。もちろん聖書には、色々と細かいルールも書かれています。上手に生きていくための知恵も書かれています。しかし究極的には、聖書において語られているのはたった一つのことです。それは、“死すべき人間と永遠の契約を結ばれた神”のことです・・・・・・

続きを読む
週報コラム
No.98【「義人は滅びるが、心に留める者はいない」】

◆二日前の金曜日、ロシアの指導者が獄死しました。「アレクセイ・ナワリヌイ氏は自由と民主主義の価値のために戦い、究極の犠牲を払った。 」「これは悲劇であり、プーチンがいかに怪物であるかを全世界が思い知らされた。 」各国首脳 […]

続きを読む
聖書の説教
ヨハネ4:7-26「まことの礼拝」(まなか師)

・・・・・・「水」について話していたはずなのに、どうして急に夫が出てくるのか。どうして急に話題を変えたのか。一体なんなの? 彼女も面食らったでしょう。……しかし、実は話題が変わったわけではありませんでした。イエス様は彼女に、問いたかったんです。「あなたはこれまで、何によって自分の渇きを満たそうとしてきたのか?」・・・・・・

続きを読む
週報コラム
No.97【「信教の自由を守る日」:“自由”って何? 】

◆本日2月11日は「信教の自由を守る日」ですが、そもそも“自由”とは何でしょうか?「自由って何だと思う?」と子どもに尋ねたら、「好きなことが何でもできること!」とか、「やりたいことができること!」と答えるでしょう。でも、 […]

続きを読む
聖書の説教
マルコ12:13-17「神に返しなさい」(宣愛師)

・・・・・・「カエサルのものはカエサルに、神のものは神に返しなさい。」このイエス様の言葉は、聖書の中でも最も有名な言葉の一つです。ところがこの言葉は、最も有名な言葉であると同時に、最も間違って解釈されている言葉でもあるようです。インターネットで調べてみましたら、この言葉の説明として、「物質への興味と精神への興味とは別物だ」というような考え方が紹介されていました。物質世界はカエサルの領域で、精神世界は神様の領域だ、というわけです・・・・・・

続きを読む
週報コラム
No.96【エブリイくんとエスクルさん】

◆昨日、エブリイくんが旅立ちました。盛岡みなみ教会の子ども食堂「せいなんプラス」で大活躍してくれた、かわいくて頼もしい白色の軽貨物車でした。……と言っても、処分してしまったわけではありません。“エスクル岩手”さんと共に、 […]

続きを読む
聖書の説教
マルコ12:1-12「愚かな主人の愛」(宣愛師)

・・・・・・しかし、このたとえ話の中で最も愚かだったのは、この農夫たちではないと思うんです。たしかに、遣わされてきたしもべたちを殺し続け、最後には息子さえも殺してしまった、この農夫たちの愚かさは常軌を逸しています。ところが、この農夫たち以上に愚かであったのは、むしろこの主人ではないでしょうか・・・・・・

続きを読む