週報コラム

週報コラム
No.100【「百回」!】

◆「盛岡に行くんですよ」から始まったこのコラムも、100回を迎えることができました。書くことが決まらないまま土曜日の深夜まで困り果てていたこともあれば、「このオモシロエピソードは絶対に書かねば!」とルンルンで筆が乗ること […]

続きを読む
週報コラム
No.99【Yちゃん、総会資料に物申す】

◆「ノア先生、教会総会の資料について質問があります」と、 小学生のYちゃんから尋問。どうやら、〈牧会報告〉のために僕が書いた以下の文章について、訂正を求めたいとのこと。 ……〔2023年は〕子どもたちや青年たちとたくさん […]

続きを読む
週報コラム
No.98【「義人は滅びるが、心に留める者はいない」】

◆二日前の金曜日、ロシアの指導者が獄死しました。「アレクセイ・ナワリヌイ氏は自由と民主主義の価値のために戦い、究極の犠牲を払った。 」「これは悲劇であり、プーチンがいかに怪物であるかを全世界が思い知らされた。 」各国首脳 […]

続きを読む
週報コラム
No.97【「信教の自由を守る日」:“自由”って何? 】

◆本日2月11日は「信教の自由を守る日」ですが、そもそも“自由”とは何でしょうか?「自由って何だと思う?」と子どもに尋ねたら、「好きなことが何でもできること!」とか、「やりたいことができること!」と答えるでしょう。でも、 […]

続きを読む
週報コラム
No.96【エブリイくんとエスクルさん】

◆昨日、エブリイくんが旅立ちました。盛岡みなみ教会の子ども食堂「せいなんプラス」で大活躍してくれた、かわいくて頼もしい白色の軽貨物車でした。……と言っても、処分してしまったわけではありません。“エスクル岩手”さんと共に、 […]

続きを読む
週報コラム
No.95【恐れない人生の秘訣:V・E・フランクル】

◆人類最大の恐怖は“死”ですが、“死”が怖くなくなったら、人は何を恐れるのでしょうか? ユダヤ人大虐殺(ホロコースト)を生き延びた精神科医のV・E・フランクルは、次のような分析を述べています。 〔地獄のような強制収容所か […]

続きを読む
週報コラム
No.94【松阪キリスト教会に行ってきます】※マナカ寄稿

◆ノア先生と私(マナカ)は、今日は三重県の松阪キリスト教会へ礼拝奉仕に来ています。当初は9月に予定していた奉仕ですが、私たちの体調不良で延期となり、このタイミングとなりました。盛岡みなみ教会を留守にするにあたり、 ご理解 […]

続きを読む
週報コラム
No.93【「私は清和天皇の末裔です」】

◆「Nちゃんのことだけじゃなくて、私のこともノアコラムに書いてくださいよ~」というYちゃんからの圧力が、無視できぬほど強くなってきました。「私は清和天皇の末裔です」や、「日本はもう一度鎖国すべき」などの過激発言(笑)を繰 […]

続きを読む
週報コラム
No.92【「終わりまでを見極める」】

◆「伝道者」(ヘブル語で“コヘレト”)と名乗る謎の人物は、「人に降りかかるわざわいは多い。何が起こるかを知っている者はいない」(伝道者の書 7章6-7節)と語りました。私たちも突然の地震や津波の脅威に驚き、「どうして世界 […]

続きを読む
週報コラム
No.91【大晦日にも光】

◆ついに2023年も大晦日。「晦日」というのは、「月の最後の日(三十日=みそか)」という意味で、太陰暦では毎月30日に月が隠ることから、「晦(つきごもり/つごもり)の日」という意味もあるそうです。今は太陽暦が使われている […]

続きを読む